フリースクール かむいサンビレッジスクール

アクセスカウンタ

zoom RSS 不登校:親が越えなければならない5っつの関門

<<   作成日時 : 2018/01/10 19:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

こちらも 野村先生(社会福祉士、精神保健福祉士)から提唱されていることです。
私たちも不登校、ひきこもり支援において最も大切なポイントとしてとらえております。

画像


・第一関門=寛容の入り口
学校をやすんんでいいいよ。 無理して登校しなくていいいよ。 と言えるかどうか?

・第二関門=非審判態度の受容
焦る気持ちを抑えられるかどうか?  焦って原因探しに走り回ったり、いつまで休せれば、、と焦るのは逆効果

・第三関門=親の情緒コントロール
子どもが元気になった場合、過剰な期待や心のざわつきを抑えられるかどうか?
元気になった→学校に行かそう、勉強をやらそう、スポーツをやらそう、、、押し付けプレッシャーとなる。

・第4関門=個別化、多様化の認識
進学や就職の不安を考えるより、多様な生き方やいろいろな人生があると思うことができるか?
現に今は学歴社会の崩壊とも言われ、一流大学を卒業しても幸せな社会生活を送れるとは限らない。

・第五関門=自己決定の尊重
子どもの人生は子どもに委ねる! と腹をくくれるかどうか?


http://17247590.at.webry.info/201511/article_3.html
http://17247590.at.webry.info/201511/article_4.html

やはり、焦らない、信じて見守るが大切なんですね!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

授業料はこちらをクリック願います。



present by「銀河英雄伝説」

不登校:親が越えなければならない5っつの関門  フリースクール かむいサンビレッジスクール/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる